犯罪を起こさないように神待ちで注意すること

「神待ち」のサービスを利用するときに、犯罪に発展しないように気をつけないといけないことがあります。

犯罪者にならないように「神待ち」で注意するべきことをご紹介していきます。

18歳未満の少女とは会わない

18歳未満の家出少女と会い、仮に性行為などをしなくても家出少女が嘘をついたら、淫行罪や青少年育成条例違反の容疑で逮捕されるケースがあります。

そうならないためには、18歳以上で高校を卒業している女の子と会わないようにすると、犯罪に発展することもないでしょう。

18歳未満でお互いに同意をしていても犯罪になる場合もあるので、リスクを避けるためにも18歳未満の少女とは会わないようにしましょう。

児童買春・児童ポルノ法違反はしない

神待ちサイトが関わる犯罪ではもっとも多く見られるのが、児童買春と呼ばれるものです。

児童と聞くと小学生や幼稚園児・保育園児を想像する人が多いと思いますが、実は児童買春法では18歳未満を指します。

高校生でも18歳に満たない女子を児童と扱っており、18歳未満の女子に対し、金品などを渡すことで合意に至ったとしても、売春をすると犯罪になるので絶対に18歳未満の少女と、このような行為はしないようにしましょう。

強引に関係を持とうとはしない

神待ち少女が相手だったとしても、強引に体を触るなどの肉体関係を強要すると「強制わいせつ」として犯罪者になるケースもあります。

また、18歳以上の女の子でも強引に性行為をすると強姦ということになるので、お互いが同意の上で性行為を行いましょうね。

監禁はしない

家庭環境が悪く神待ち掲示板で出会った少女を自宅に長期間監禁するなどの犯罪も発生しています。

監禁した場合「監禁罪」となるので、神待ちのサービスを使用する少女達の自由を奪うような行為は起こさないようにしましょう。

出会い系サイト規制法

出会い系サイト規制法では、出会い系サイトの掲示板に、児童(18歳未満の少年少女)が異性交際を求めて書き込みをする(禁止誘引行為)ことが禁止されています。(第6条)

また、出会い系サイトの掲示板に児童に交際を求める書き込みをした人や児童を風俗などの商売目的とした異性交際を求める書き込みをした人は、処罰の対象となります。(100万円以下の罰金)

つまり、神待ち掲示板サイトで18歳未満の家出少女とやり取りをすると、書き込みをした少女はサイト側に迷惑が掛かり、書き込みをした成人男性は家出少女に交際を求めると処罰の対象となり100万円以下の罰金を支払わなければいけませんので、神待ち掲示板を使用するときは犯罪を起こさないように注意しましょうね。

まとめ

犯罪を起こさないように注意することを記載しましたが、常識的に考えれば犯罪を起こすこともないと思いますので、神待ちのサービスを使用して家出少女と会うときは、常識の範囲で行動しましょう。

またインターネットによる出会い系サイトの規制法が厳しくなってきているので、しっかりと年齢認証をしているサービスを利用して悪質な神待ち掲示板は利用しないようにしましょうね。